主にご質問の多い内容をまとめています。

このページにはデンマーク留学やフォルケホイスコーレで生活を始めるにあたり、わからないことなどを掲載しています。
それ以外のご質問はCONTACTページよりメールでお問合せ下さい。

どんなビザでフォルケホイスコーレ留学ができるの?

フォルケホイスコーレにはワーキングホリデービザ・学生ビザ・旅行ビザ(最大90日)で滞在が可能です。

  • ワーキングホリデービザは18歳~30歳までの方が対象となり、デンマークで12か月間生活が可能です。
    ただし、フォルケホイスコーレへの入学を希望の場合、学校によってはワーキングホリデービザでの入学を許可していないところもありますので事前に確認をしましょう。
  • 学生ビザは各フォルケホイスコーレより届く入学許可書をもとに、その学校に滞在中はデンマークでの生活が可能となります。
    卒業後、他のフォルケホイスコーレに通う場合、再度手続きが必要です。
  • 旅行ビザは特に申請を行う必要がありません。最大90日まで滞在が可能です。

詳しくはデンマーク大使館のホームページでご確認ください。(デンマークで学ぶ)

どの位の語学力が必要なの?

学校によって異なりますが、英語 または デンマーク語での日常会話レベルをお勧めします。

私たち日本人が通うコースは、様々な国の学生が集う場合が多くあります。
その為、共通言語は基本的に英語となりますので、英会話は必須となります。
またデンマーク語のみで授業が行われるフォルケホイスコーレも多く、その場合は留学前にデンマーク語の習得が必要です。

夏以外での短期コースは開講しているの?

冬休みに短期コースを運営している学校を除き、年末年始は入れ替えの時期である為、学校が閉まっております。

7-9月の夏期に1~2週間ほどの短期コースを開講するのが、多くのホイスコーレの年間スケジュールとなっています。

お金はどのくらい持っていけばいい?

フォルケホイスコーレのみで生活をする場合は、滞在中ほとんど費用がかかりません。
洗濯などの有料設備や雑費・交通費などは別途必要となりますので、滞在期間にもよりますが約10万円ほどではないでしょうか。

ただし他国への旅行など個人プランがある場合は、必要にあわせて計画ください。

留学前に何を準備すればいいの?

保険・ビザ申請・学費振込・航空券手配

ワーキングホリデービザや学生ビザなど長期滞在をする場合、必ず医療保険へ加入しましょう。
デンマークでけがや病気をした時に、観光ビザ以外であれば現地で病院に行けます。

日本を発つ前にビザの申請・フォルケホイスコーレへの学費振込・航空券の手配は忘れずに行いましょう。

ビザの延長って現地でできるの?

学生ビザからワーキングホリデービザ、ホイスコーレAからホイスコーレB など
ビザの延長は可能です。

現地申請ってどうやるの?

大使館HPによると現地申請は可能です。 現地申請する場合も日本からの申請と同様、大使館に対する手続きが必要になります。

  • 大使館用申請用紙(大使館HPよりダウンロード)
  • ケースオーダーID(ビザ申請料)の作成(ワーホリの場合無料、学生の場合1750DKK)
  • パスポート全ページコピー
  • フォルケホイスコーレビザの場合入学金振込を証明できるもの

これらを大使館に事前メールにて提出。その後大使館もしくは最寄りの外人局に予約を入れ、訪問時に書類提出、指紋と写真を撮るといった流れです。
現地にてNEM-IDを作成されている方に関してはWEB申請も可能です。
詳しくは大使館HPを参照下さいませ。

大使館HPへ

またデンマークに3か月以上滞在する場合はCPRナンバーを役所まで申請に行きましょう。
このCPRナンバーは銀行口座の開設や携帯電話の手続き、図書カードの発行など、様々な場面で必要となってくるそうです。
CPRナンバーが記載された保険カードを所持していることにより、 デンマーク国民と同様に医療費が無料になります。(1部料金がかかる場合もあります。)
申請に必要なのはパスポートとビザです。

フォルケホイスコーレに特別に持っていくと便利なものって?

常備薬、布団・枕カバー、筆記用具、マグカップ、PC・タブレット、中外運動シューズ、ビーチサンダル、手鏡、化粧水など

また夏場でも朝晩は冷えるので、カーディガンや薄手のウィンドブレーカーを1枚持っていると便利です。

IFASが行ったことのある学校をランダム表示してます。